ブッシュクラフトワーク

ブッシュクラフトやアウトドア道具など

UCO(ユーコ) アウトドア キャンプ キャンドルランタンはソロキャンプにおすすめ

UCO(ユーコ) アウトドア キャンプ キャンドルランタンはソロキャンプにおすすめ

こんにちは。

9月は台風が多かったですが、その合間を縫って野宿をしてきました。

その時に「UCO(ユーコ) アウトドア キャンプ キャンドルランタン」を使ってきたので紹介します。


外観など

外観の印象ですが、とてもコンパクトですね。重さも軽いです。


f:id:bushcraft:20191005094841j:plain
箱に入った状態


f:id:bushcraft:20191005100248j:plain
箱から出した状態。小さいですね


使うときは伸ばして使います。

f:id:bushcraft:20191005100354j:plain
伸ばした状態


使い方

ローソクを入れるときは、下の黒い部分を回すと外れるので、


f:id:bushcraft:20191005100718j:plain
黒い部分を回して外す

引っ張り出して、さらにローソク入れの部分を回して外します。


f:id:bushcraft:20191005100906j:plain
ローソク入れを黒い部分から外します

そうすると、バネとローソクの台座が取り出せるので、ローソクを入れて元に戻せばOKです。

慣れたら簡単ですね。

火の付け方

火をつけるときは、ガラス部分を手で下げて、ローソクの芯を出します。


f:id:bushcraft:20191005101525j:plain
ガラス部分は手で下げることができる

あとはライターやマッチで火を付ければOKです。

ガラスを上げて元に戻すのを忘れないようにしましょう。

部屋で使ってみた

部屋の中で火をつけてみました。

ローソク1本で8時間持つようです。


f:id:bushcraft:20191005102022j:plain
火をつけたところ

写真なので、光が反射していますが、実際は炎がガラス越しにはっきりと見えます。

とてもいいですね。見ているだけで落ち着きます。

やはり、人間にとって火は特別な存在なのだと感じます。

明るさについて

LEDのランタンは電気という感じですが、ローソクのランタンは炎という感じで雰囲気が全然違います。

ただ明るさはLEDの方が全然上ですね。

野宿で使ってみた

野宿で使ってみました。


f:id:bushcraft:20191005103858j:plain
木にぶら下げた


f:id:bushcraft:20191005104508j:plain
タープの中に置いた

写真だと分かりづらいですが、暗闇の中で火を灯すといい感じの明るさになります。

ただ、あくまで灯りであって電気の代わりにはならないです。

これだけだと物を探したり、細かい作業がしづらいので、ヘッドライトがあったほうがいいと思いました。

まとめ

UCO(ユーコ) アウトドア キャンプ キャンドルランタンですが、ローソクの独特の灯りとコンパクトさが気に入りました。

ソロキャンプで灯りとして持っていくには丁度いいと思います。おすすめです。

換えのローソクが結構な値段がするのが気になりますが、ローソクについては今度自作してみようと思っています。

ではまた!